16238171960_a32ffd396a_z

思春期ほどニキビができやすいこともなかったのに、社会に出て仕事に忙しく追われたり、人間関係等にに悩む機会が多くなってから急にニキビが増え出したという経験がある人は多いと思いのではないでしょうか?

それくらいストレスはニキビにとって大きな原因の一つになります。ストレスが直接的にニキビを引き起こすことはもちろんですが、ストレスによる様々な体の変化などが間接的にニキビを引き起こすケースもあります。

つまりそれだけストレスは様々な要素からニキビを引き起こす原因になってしまうのです。以下、ストレスがニキビを引き起こす原因を詳しく見ていきましょう。

ストレスによるニキビの原因

ストレスは心身を緊張した状態にします。すると自律神経においては、緊張状態をつかさどる交感神経が副交感神経よりも優位になります。交感神経は男性ホルモンの分泌を促進する作用があるため、その状態が続くと男性ホルモンの量が増えていきます。

男性ホルモンは皮脂分泌を増やし、角質を厚くするため、毛穴が詰まり、ニキビの発生や悪化を招きます。ストレスが続いたり、どんどん蓄積したりしていくと、それに伴ってニキビの悪化も進む可能性があります。

思春期ニキビも男性ホルモンが影響している?

血液の流れが変調を来たすと、毛穴細胞に大切な栄養成分を運ぶことができず、新陳代謝も乱れてしまい、結果として毛穴にトラブルが生じるのです。
おでこにできるしわは、生憎できてしまうと、おいそれとはなくすことができないしわだと言われることが多々ありますが、薄くする手入れ法なら、1つもないというわけではないはずです。
乾燥している肌については、肌のバリア機能がダウンしてしまうためダメージがもたらされやすく、肌の柔軟性の欠如や、しわが発生しやすい状態になっていると言って間違いないのです。
たぶん貴方も、数種類のコスメアイテムと美容情報に接しながら、1年365日熱中してスキンケアに時間を掛けています。ただし、その方法が適切なものでないとしたら、むしろ乾燥肌に陥ることになります。
同じ年頃のお友だちで肌が滑らかな子がいたりすると、「何故私ばっかり思春期ニキビに悩まされるのか?」「どんなケアをすれば思春期ニキビは改善されるのか?」と思ったことはないですか?

鼻の毛穴のことで頭が痛い人は結構いるらしいですね。顔の中でもダントツに皮脂が貯まるとされ、どうしても爪で掻き出したくなりますが、鼻の表面がダメージを受けることになり、くすみを引き起こすことになってしまうでしょう。
そばかすに関しましては、元々シミが発生しやすい皮膚の人に出て来やすいので、美白化粧品の力で改善できたように感じても、しばらくしたらそばかすができてしまうことが少なくないのだそうです。
洗顔の基本的な目的は、酸化した皮脂とかメイクなどの汚れだけを綺麗にすることに違いありません。ところがどっこい、肌にとって不可欠の皮脂まで除去してしまうような洗顔を実行しているケースも見受けられます。
中には熱いお風呂の方が断然好きだという人もいるのは分からなくもないですが、普通の人が入れないくらい熱いお湯は肌には悪影響がもたらされ、肌の保湿成分となっている脂分を加速度的に奪い去ってしまうから、乾燥肌の深刻な元凶になる
と考えられています。
肌荒れ対策の手を打たないと、にきびなどが増え、通常の処置一辺倒では、簡単に解消できません。殊に乾燥肌に関しましては、保湿ばっかりでは治癒しないことが大半だと思ってください。

入浴後、ちょっと時間を置いてからのスキンケアよりも、肌上に水分がとどまっている入浴した直後の方が、保湿効果は期待できます。
ホームセンターなどで、「ボディソープ」というネーミングで置かれている製品だとしたら、おおよそ洗浄力は大丈夫でしょう。従って慎重になるべきは、肌に優しい物を手にすることが不可欠だということです。
大概が水であるボディソープではありますが、液体であることが幸いして、保湿効果は勿論の事、多様な作用をする成分が何やかやと混入されているのがウリだと言えます。
スキンケアに関しては、水分補給が必須だと感じています。化粧水をどのように用いて保湿を実現するかで、肌の状態ばかりかメイクのノリもまるで異なりますので、積極的に化粧水を使用するようにしてください。
乾燥が原因で痒みが増幅したり、肌が劣悪化したりとウンザリしますよね?そういった時は、スキンケア用品を保湿効果に秀でたものに変更するだけではなく、ボディソープも交換しちゃいましょう。

生活習慣の乱れによる間接的なストレスによるニキビ

ストレスは様々な要因でカラダの不調や心の乱れを引き起こします。そして、生活習慣の乱れて間接的にニキビを招く可能性が高くなっるのです。以下のような生活習慣の乱れが当てはまる場合は注意が必要になります。

便秘

胃腸は臓器の中でも最もストレスの影響を受ける臓器です。逆に捉えれば、ストレスも受け入れて、身代わりになってくれているともいえます。
ストレスによって、イライラする、怒る、悲しい、憂い、クヨクヨする、などの負の感情は胃腸に深く関係してきます。このような感情は「便を緩くしたり、固くしたりする」こともよくわかっており、胃腸機能自体を傷つけて「便秘」になりやすい傾向があります。これらを「ストレス性便秘」ともいいます。

腸は、これらの有害物質を吸収して、血液を通して肌に運びます、そして皮脂や汗などと一緒に有害物質を排出するのです。当然、有害物質を肌から排出することでターンオーバーが乱れる原因となり、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

睡眠不足

「美白と腸内環境に関係があるなんて聞いたことがない。」と言明する人も少なくないはずです。ところがどっこい、美白を望んでいるなら、腸内環境もきちんと良化することが必要不可欠です。
バリア機能が落ちると、外からの刺激の為に、肌荒れに陥ったり、その刺激から肌を防護するために、皮脂の分泌が激しくなり、ベトベトした状態になる人もかなりいるそうです。
肌がトラブルを起こしている場合は、肌へのお手入れは回避して、生まれながらにして秘めている自然治癒力をアップさせてあげるのが、美肌になる為には不可欠なことなのです。
「敏感肌」用に販売されているクリーム又は化粧水は、肌の乾燥を阻止するのみならず、肌の角質層が元々保有している「保湿機能」を向上させることもできなくはないのです。
「日本人については、お風呂が大好きなようで、あり得ないほど入浴し過ぎたり、お肌の脂分を洗い流し過ぎて乾燥肌に見舞われる人が多くいる。」と言っている先生も存在しております。

起床した後に使用する洗顔石鹸というものは、帰宅後みたいに化粧又は汚れなどを取り除けるわけではありませんので、お肌にソフトで、洗浄パワーもできれば強力じゃないものを選ぶべきでしょう。
そばかすにつきましては、根本的にシミが生じやすい皮膚の人に出て来やすいので、美白化粧品を活用することで治癒できたと思っていたとしても、残念ながらそばかすが発生することが少なくないとのことです。
洗顔した後は、肌の表面に張り付いていた汚れであったり皮脂がなくなってしまいますから、次いでケア用にとつける化粧水や美容液の成分が簡単に浸透し、肌に潤いを提供することが適うというわけです。
お肌を覆う形の皮脂の存在が許せないと、お肌を力ずくで擦りますと、それが元凶となりニキビを生じさせることになるのです。できる限り、お肌がダメージを受けないように、力を入れないで行うようご留意ください。
血液の巡りがおかしくなると、毛穴細胞になくてはならない栄養分を運ぶことができなくなって、ターンオーバーも悪化してしまい、その結果毛穴がトラブルに見舞われるのです。

乾燥が元で痒さが増したり、肌がズタボロになったりと辟易してしまいますよね?そういった時は、スキンケア製品を保湿効果絶大なものに置き換えると共に、ボディソープも別のものにしましょう。
普通、呼吸を気に掛けることはないのではありませんか?「美肌に呼吸が影響をおよぼすなんて!?」と疑問にお思いになるでしょうが、美肌と呼吸は切り離しては考えられないのはもはや否定できないのです。
敏感肌の主因は、ひとつではないことの方が多いのです。そういった事情から、良くすることが希望なら、スキンケアなどを含んだ外的要因ばかりか、ストレスとか食事といった内的要因も再チェックしてみることが大事になってきます。
肌荒れを放ったらかすと、にきびなどがブツブツできてしまって、ありふれたケア法一辺倒では、易々と元に戻せません。例えば乾燥肌について言いますと、保湿のみでは快復できないことが多くて困ります。
ありふれたボディソープでは、洗浄成分が強いので脂分を取り過ぎてしまい、乾燥肌または肌荒れに見舞われたり、全く反対で脂分の過剰分泌を誘引したりする事例もあるそうです。

乱れた食生活

「ストレス過多による、普段ではありえない行動」の経験を述べてもらった調査によると、1位は「暴飲暴食」でした。
「42.0%の人がストレスでのやけ食い・やけ飲みの経験があるとしている。」という調査結果からもわかるように、ストレスによるやけ食いそのものは理解できなくもありませんが、食事の質自体も変化してしまう恐れがあります。特に炭水化物・動物性脂肪の摂り過ぎは、皮脂の分泌量を増やし、ニキビを引き起こすことに繋がります。

心理学に基づいたストレスの解消法

ここまででもおわかりの通り、ストレスに関わることはニキビももちろんですが、過度になるともっと深刻なうつなどの症状を引き起こす可能性もあります。

ここではストレスを解消するためにとても効果的な世界でもっとも権威のある心理学団体「アメリカ心理学会」(通称APA)が提唱するストレス解消法をご紹介します。このAPAが超大がかりなストレスに関する調査を元に、科学的に実証された本当に効くストレス解消法なので、参考にしていただければと思います。

1運動・エクササイズ

運動・エクササイズの効用は誰しもが感じたことはあるでしょう。科学的にストレス解消の効果が実証されている点では間違いなく、短期的にストレスをやわらげるのはもちろん、長期的にストレスにも強い脳を作ってくれます。意外なほど実践までのハードルが高いのがデメリットでしょう。

2心を整える瞑想

瞑想もとても効果的なストレス解消法。血圧を下げてストレスホルモンを減らし、ネガティブな感情も消してくれます。

3読書

意外と見逃されがちなのが、読書のストレス解消効果。本を読むと知識がつくだけじゃなく、ストレスが68%も削減されるとの報告もあります。研究によれば、読む本は自分が好きなものなら何でもOKで、できれば1日30分を読書に使うと良いでしょう。

4音楽

研究によれば、テンポの遅い音楽を聞くだけで心拍数と血圧が下がり、実際にストレスホルモンのレベルも下がったそうです。リラックスさせる曲は自分の好みのものを選ぶのが一番良いでしょう。ヒーリングやクラシック等もリラックスにはおすすめです。

5散歩

天気のいい日に外を歩くのは健康にいいだけでなく、ストレスを30%も下げてくれます。お気に入りの公園やカフェに行くのに散歩でいくと、よりリラックスできておすすめです。

6気心知れた家族や友人と過ごす

友人や家族と仲が良いと自尊心と安心感が高くなり、ストレスレベルが想像以上に下がるという研究結果も出ているほどです。忙しい日常の中においてもこの時間が確実に確保出来ている人は比較的にストレスとは無縁の生活を送っているといえます。

7マッサージ

マッサージのストレス解消効果も、科学的にはかなり実証済み。臨床研究では、90分のマッサージを受けると心拍数やストレスホルモンのレベルが下がったとの報告もあります。

よくありがちな間違ったストレス解消法

正しいストレス解消法と、ついでに間違ったストレス解消法も知っておくいいでしょう。。

  1. ギャンブル
  2. ショッピング
  3. タバコ
  4. やけ食い

その他にもテレビゲームやネットサーフィン、テレビを見る、映画などもです。

あなたもこのように間違った解消法でなく、健全なストレス解消法を実践して憎きニキビを防ぐ習慣を身に付けましょう。